共同開発

ODM

共同開発
既存の製品改良を
お考えのお客様へ
回路設計から
お考えのお客様へ
開発・量産コストで
お悩みのお客様へ

我々DNEグループでは、ご要望の設計仕様からお客様の物づくりサポートも行っております。お客様のご要望を要件定義させて頂いたうえで、設計→試作→量産化まで幅広く対応可能です。現在お持ちのアイデアを製品化したい方、すでに製品化しているがさらなる改良が必要だとお考えの方、コスト面での改善が必要だとお考えの方、まずは当社までご相談ください。

DNEのODMサービスの特徴1

開発対応

開発について

これまでの基板実装で培ったノウハウを最大限活かし、開発コストの低減、量産時コストの低減をキーワードに、ご満足頂ける回路設計を行わせて頂きます。
まずは御社のニーズを細かくお聞かせ頂き、弊社開発側のノウハウを最大限取り入れた基本設計を行ってまいりますので、お問合せください。
年々開発工期の短縮が求められる中、お客様の要望をいかに的確に把握し、その内容を回路上に反映させていくかが重要だと認識しております。

開発

DNEが対応可能な範囲

弊社は、開発を行うにあたり、お客様のご要望に応じ、次の対応を行うことが可能です。

  • 起案・仕様提案
  • 環境調査
  • 回路設計・基板設計・機構設計

また、他にも製品組み立てまでを見据えた対応としては、ソフト設計、製品機能検査、評価試験、規格取得、既存品コストダウン調査など、製品を生み出すためのあらゆる対応が可能です。

対応可能な範囲

開発実績

DNEがこれまで開発を対応した基板の実績です。
OA機器用ユニット電源/産業機器用ユニット電源/家庭用ミシン専用ユニット電源/LED照明用および関連電源/その他各種制御基板

各種電源のお悩みに対応します

  • 新規企画製品に使用するカスタム電源を検討したい
  • 事業環境が変化しており、既存製品よりもエコを実現できる電源に切り替えたい
  • 他社から提供されているカスタム電源・汎用電源のコスト低減をはかりたい

※お客様との機密保持の関係上、詳細のご紹介は出来ず申し訳ありません。
お問い合わせ後の打ち合わせ時に、可能な範囲で実績をご紹介させて頂きます。

DNEのODMサービスの特徴2

試作対応

設計~完成品組立て、梱包までお客様の要望をトータルサポート致します。小ロットや短納期などにも、ご要望に合わせて柔軟に対応させて頂きます。部材等の調達も弊社で請負う事も可能です。日本のみならず海外拠点での対応も可能です。

電源ユニットの開発は、製品の量産組み立てを想定して行うと大きなメリットが得られます。基板の開発・試作・量産、基板のみならずユニット組立まで対応するDNEにぜひご相談ください。

トータルサポート

共同開発

製品の仕様決めがこれからという場合など、電源ユニットの共同開発にも対応しています。
大学などの研究機関や、開発部門のプロジェクトの一員として、まだ製品の仕様が決まっていない段階から、電源ユニット開発を担当します。

プロジェクト参加事例

超小型人工衛星用 電源ユニット開発

帝京大学との共同で、超小型人工衛星「TeikyoSat-4」プロジェクトに参画、宇宙空間でも安定した運用が可能な冗長化電源・BMS/充電回路の開発を担当。

共同開発

電源開発に関する見積もり依頼について

見積りに必要な情報

以下に関連する資料をご提供いただけますと、より適切でスムーズな見積もり対応が可能です。
(このページを印刷などし、チェック項目にチェックしてお使いください)

設計要求仕様書(概略な電気性能スペック、環境条件、実装寸法、特殊事項等)
企画台数(月or年間での生産台数と継続年数情報)
生産場所or納入場所(弊社での生産場所を想定する為です。)
量産予定情報(貴社の企画製品の量産に間に合う計画を提案する為です。)
安全規格情報(取得予定安全規格、安全規格取得の手法予定・・・等)

受注後の計画

弊社の基板開発やアセンブリの経験を活かし、受注後の生産計画、工程設計等踏まえ、受注後の計画を立案いたします。それにあたり、詳細のお打合せをさせて頂きます。又、その際には貴社のコストメリットを考えたご提案も積極的に行っていきます。
詳細打合せ後、速やかに設計~量産までの計画表を提示致します。設計・信頼性評価が完了した時点で成果物として、納入仕様書と信頼性評価結果をご提示させて頂きます。

量産移行

量産前の製造~出荷までのフォローは、弊社の各工場によるスタッフが中心となり監査対応や、工程フロー説明等をさせて頂きます。※生産拠点に要求したい事項がありましたら、担当営業スタッフにご相談下さい。

なお、弊社で生産させて頂く事を条件に、基板アートワーク設計・機構設計のお手伝いもさせて頂く事が可能です。電源から製品までの開発を一本で行うことが出来、より迅速な製品開発にお役立ていただけます。

ご留意事項

  • 設計や工場生産冶具の為、開発費(イニシャル費)は必ず発生致します。その詳細については弊社から提示する御見積書の内容でご確認下さい。
  • その他ご依頼の内容、お取引形態によっては弊社にて対応できない場合がございます。予めご了承下さい。

ODMサービスのお見積りから納品までの流れ

お客様からご相談頂いた後のお見積りから納品までをご紹介します。

ODMサービス