会社概要・沿革
ホーム > 会社概要・沿革> 環境ポリシー

環境ポリシー

環境理念

株式会社 大日光・エンジニアリング根室工場及び瀬尾工場は、基盤実装及び電子機器・光学機器製造の事業活動を通じ、生産・生活圏の生態系、自然及び人の健康度を増進するとともに、人と自然界の融和を図ります。

環境ポリシー
  1. 環境に関連する適用可能な法規制、条例及び同意するその他の要求事項を遵守するとともに、製品含有化学物質の管理に取り組み、汚染の予防に努め、環境保全活動の継続的な改善を図ります。
  2. 社員に対し環境教育を徹底し、環境保護の意識向上を図り、全員で環境保全活動に取り組みます。
  3. 環境目的及び目標を設定し、定期的又は必要に応じて見直しを行います。
  4. 事業活動、製品及びサービスの性質、規模及び環境影響を反映するとともに、事業活動で発生する排出物は徹底した管理を行い、リユース、リサイクル化を図り、廃棄物の削減に取り組みます。また省資源、省エネルギー生産の推進を行います。
  5. 環境方針は、社員へ周知徹底するとともに、社外へも公表します。
2006年4月1日  
2007年4月1日追加 株式会社大日光・エンジニアリング
代表取締役社長 山口侑男

具体的な活動紹介 -クリーンエネルギー-

●大日光・エンジニアリングでは根室工場屋根部分に太陽光発電設備を設置し、クリーンなエネルギーを自社使用電力の一部として利用しており、今後も順次拡大を計っていきます。

太陽光発電イメージ 太陽光発電設置写真

太陽光発電システム管理画面イメージ

太陽光発電パネル設置写真

具体的な活動紹介 -クール BIZ-

●大日光・エンジニアリングでは環境省が推奨している業務服の軽装化キャンペーンであるスーパークールビズに賛同し、2011年6月から毎年実施しています。

大日光・エンジニアリングでは、日本国内の全拠点における社内間接業務において6月1日〜9月30日までの間スーパークールビズにて勤務を開始いたします。(詳細はこちらから)

スーパークールビズrogo

具体的な活動紹介 -カーボンオフセット-

●大日光・エンジニアリングでは身近な温暖化対策として、Co2削減活動に積極的に取り組んでおりますがこの度カーボン・オフセット付リースによるSMT設備購入を実施し、Co2排出権60t/年を取得致しました。

カーボンオフセットとは?
カーボンオフセットとは、みずからが排出している温室効果ガスの量を把握し、削減努力だけでは対応しきれない部分を、他の場所や団体において削減された排出量(排出権)を買い取ることにより、埋合わせる仕組みの事です。

太陽光発電イメージ

住信・パナソニックファイナンシャルサービス蒲l(現 三井住友トラスト・パナソニックファイナンスサービス)との間で、2011年8月末に業界初となるカーボン・オフセット付SMT設備リース契約を締結しましたが、その内容が住信・パナソニックファイナンシャルサービス蒲lのHP上に掲載されました。詳細は(こちらから)